チカフリーク -デキるサブカル男子を目指して-

若さと渋さの間で揺れるchikaの日々の記録

静止した闇の中で

家でちょっとした仕事をやろうとした矢先。プチュン……。電気が落ちました。
電気を使いすぎたのかと思いブレーカーを上げに行ったのですが、ブレーカーは
健在。何も問題無く上下させても特に反応なしでした。この辺り一帯が停電して
いるのか?と思って窓を開けましたが、隣の家の電気はついています…。
エアコンも電気ストーブも止まり部屋が冷たくなった頃に、呼んでいた電気屋さんが
到着。こういう時はプロに任せるのが一番!ブレーカーを確認して、しばらく外に
出て、戻ってきて一言。「このアパート全体を管理している電源のヒューズが
飛んでいますね。」。
そんなところまで気づかなかったよ…。早めに東電さん呼んでよかった…。
しばらくして電気も復活!よかったよかった…。というより、自分がブレーカー
と格闘して、電気屋さんを呼んでいる間、アパートの他の部屋の人なにしてたん
だろう(笑)
まぁ、なにはともあれ電力がないと自分は無力なんだということを痛感しました。


chika