チカフリーク -デキるサブカル男子を目指して-

若さと渋さの間で揺れるchikaの日々の記録

ALWAYS三丁目の夕日'64

『ALWAYS三丁目の夕日'64』を見てきました。公開日に見に行きたかったの
ですが、忙しかったので深夜にレイトショーで見に行くことにしました。
渋谷TOHOシネマズでは12:10開始の映画もあるんですね。さすが眠らない街
東京!内容はと言いますと…やっぱり泣かせてくれます。3度も涙で前が
見えなくなりました。ALWAYSは誰しもが通る当たり前のようで、でも当たり前
でないドラマを描くのですぐ感情移入しちゃうんでしょうね。そこに安心感と
感動があるのでしょう。そして、今回は3Dだったという点が大きく変わり
ました。わざわざ3Dにする作品でもなかったんじゃ…という声も多いですが、
なんてったってALWAYSは日本最大のCG会社白組が付いているわけですから
新しい技術に挑戦したかったんじゃないですかね。今回ALWAYSはリアル3Dで
撮影されています。近年制作されている3D映画は通常通り撮影し2Dの映像を
コンピュータ処理で3Dぽく見せています。ALWAYSはアバターと同じ撮影技法で
リアルな3Dに挑戦しました。『SPACE BATTLESHIP ヤマト』では日本のSF、
『ALWAYS』ではリアル3Dとどんどん新しいことに挑戦しているところに
山崎作品の魅力があるのではないでしょうか。最後に…、3Dで見るか2Dで
見るかで悩んでいるそこのあなた。3Dの方がおすすめですよ。なぜなら
3Dメガネをかけていれば大粒の涙も隠すことができるからですよ(笑)


chika